スタッフブログ ::  月別アーカイブ

奥が深い動画編集

営業スタッフTM (2012年9月 1日 21:36) | コメント(0) | トラックバック(0)
先日より、賃貸物件の室内動画を公開中な訳ですが、これが一筋縄では行きません。

動画の場合、映像の撮影だけでなく、編集(不要なシーンのトリム、キャプション追加、環境音の削除)、ファイル変換、アップロード作業が必要となります。

使用する動画編集ソフトには幾つか候補があって、使い慣れているAdobe系の「Premiere Elements」、Apple の Macbook に入っている「iMovie」、Windows Live の「Movie Maker」から絞りました。

結論から言うと、やっぱりiPhoneでおなじみのApple の iMovie が圧倒的に直感的で使いやすいです。そもそも、Windowsだと、Core i5 メモリ4GBあっても普通にHD動画編集には辛いです。Premiere は Adobe系のソフトには慣れているにも関わらず、とっつきにくくて慣れるのが大変そうでした。 Microsoft のムービーメーカーは付属の超簡単ソフト、みたいな感じで、とっつきやすくても、シンプル過ぎる感じで当たり前の機能が無く、機能を探すのにあちこちいじくり回さなければならないというマイクロソフト系特有の作りがいやで断念しました。

余談ですが、個人的にソフトウェアの作り手としても常々思うのですが、マニュアルを読まなければ使えないソフトウェアというのは駄目ソフトです。特に日本の携帯って分厚いマニュアル読まなければ電話も出来ないようだから海外のに負けてしまうんです。iPhone には紙のマニュアルすら付いてないという...。閑話休題。

また、動画の生の形式から扱いやすい形式に変換・書き出しする場合も、色々悩み事が..

iMovie は、直接YouTubeにアップロードも出来るのですが、画質がHDにならないのが唯一の難点です。私のは型落ちのマックなので、iMovie のバージョンが古いからなのかもしれません...

iMovie
iMovieスクリーンショット(2012-08-12 22.24.05)2.png

Movie Maker
ムビーメーカー.jpg

下は Movie Maker で書き出した高画質のサンプル動画(画質を最高の1080pHDに設定してみてください)



いずれにせよ、早速反響もあり、「動画みました!」と言ってくださるお客さんがいらっしゃって、苦労も報われました。しかも内見しながら「動画に偽り無し」と確認も取れたので、今後も増やして行きたいと思っています。

「この物件の動画が観たい」といった、リクエストがあったら出来るだけお応えしますので、お気軽にお問い合わせください!